神学カフェ

過去三年にわたって「マラナ・タ旧約聖書講座」、「同新約聖書講座」、「教会史を巡る旅」、「アウグスティヌスの『告白』を読む会」の四つの勉強会を開催し学んできました。カトリック、プロテスタントに加え、求道者の方々も来られ、とても良い交わりでしたので、これに続き、2018年1月より、「神学カフェ」を始めました。

この「神学カフェ」では、信仰と哲学の関係を明らかにし、なんとなくわかったつもりで実はよくわからないこと、長年教会に行っているので今更他人には聞きにくいこと、思わぬ勘違いをしやすいこと等々、毎月あらかじめみんなで相談の上決定したテーマについて、お茶を飲みながら気楽に話し合ってきました。

7月11日で一応終わり、秋からどのようにするかは考慮中です。ご要望があればお知らせください。

過去のテーマ一覧

7月11日(水)午後2時より(第13回)

テーマは「信仰と悪について」

 

6月20日(水)午後2時より(第12回)

テーマは「聖餐について」

6月6日(水)午後2時より(第11回)

テーマは「教会のこの世における役割、存在意義」

 

5月23日(水)午後2時より(第10回)

テーマは「三位一体、父、子、聖霊なる神」

 

5月9日(水)午後2時より(第9回)

テーマは「進化論とは何か」

 

4月25日(水)午後2時より(第8回)

テーマは「信仰と科学」

 

4月11日(水)午後2時より(第7回)

テーマは「律法と律法主義」

 

3月14日(水)午後2時より(第6回)

テーマは「祈りについて」

 

3月7日(水)午後2時より(第5回)

テーマは「奴隷意思と自由意志」

“ウェスレーな人”と”カルヴァンな人”

 

2月21日(水)午後2時より(第4回)

テーマは「永遠の命」

 

2月7日(水)午後2時より(第3回)

テーマは「聖霊の導き、霊感とは何か」

「聖書の権威について、霊感された書物か」

 

1月17日(水)午後2時より(第2回)

テーマは「聖書の権威」について。

 

1月10日(水)午後2時より  (第1回)

テーマは「神の啓示」

 

 

 

 

マラナ・タ教会牧師  久下倫生

わたしたちの教会は、プロテスタント諸派が合同してできた日本基督教団の教会です。穏健で健全な福音主義に立っています。どのような信仰の立場の方でも歓迎いたします。しかし教会が二千年間守ってきた伝統には忠実な教会です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。