ヴァイオリン

ヴァイオリン
坪井悠佳 時本さなえ 神原玲奈 井上佳那子

坪井悠佳

4歳からヴァイオリンを始める。
94年に渡英、メニューイン・スクールを卒業後、
チューリッヒ芸術大学ソリストディプロムを修了。

全日本学生音楽コンクール東京大会(小学校部門)第3位。イギリスでパリキアン賞受賞。パドヴァ国際コンクール第1位。ロドルフォ・リピッツァ国際ヴァイオリンコンクール第4位。サラサーテ国際音楽コンクールで第2位。

1998年、メニューイン卿より招聘され、ドイツで同卿指揮フィルハーモニア・フンガリカとモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番を演奏し好評を博す。また、アルメニア交響楽団、アーラウ交響楽団、アカデミッシェス・オーケストラ チューリヒ、ナヴァラ管弦楽団、アレッサンドリア管弦楽団、などと共演。日本ではサントリーホール、王子ホール、上野文化会館などでリサイタルを開催。
今までに恵藤久美子、フー・クン、アナ・チュマチェンコ、ザハール・ブロン各氏に師事。チューリヒ芸術大学で世界的指導者ザハール・ブロン氏の助手を務め、ウィーンマスタークラス、ザルツブルグ・モーツァルトテウム・夏期アカデミーなどで教鞭をとる。
2005年より弦楽四重奏ガラテアクァルテットを結成、ジュネーブ国際コンクール第3位及び観衆賞、大阪国際コンクール第3位、ボルドー国際コンクールで特別賞、ミグロ室内楽コンクールで優勝。2013年東京春音楽祭に出演。
ソニークラシカルより発売されたデビューCD ”Landscapes(風景)” がヨーロッパで最も権威あるECHO-KLASSIK(ドイツ・グラミー賞)20・21世紀室内楽部門最優秀賞を受賞。チューリヒ州より2013年度文化芸術賞を受賞 。これまでに日本、インド、エジプト、アルゼンチン、中央及び東ヨーロッパ主要各都市にて演奏会を行う等、チューリヒを拠点に精力的な活動を行っている。2014年春にソニークラシカルより2枚目のCD“ベル・エポック”を発売。

時本さなえ

神戸山手女子高校音楽科を経て大阪教育大学芸術専攻音楽コースで学ぶ。在学中には学内オーデションを経てコンチェルトのソリストを務めた(ブルッフヴァイオリン協奏曲)。
同大学大学院芸術文化専攻音楽表現コースで修士論文のテーマをバッハのシャコンヌとし、その際古楽奏法に出会う。
2007年~2008年、ハンガリー国立リスト音楽院で学ぶ。
在学中はリサイタルを開き、またカルテットメンバーとして「ブダペスト春の音楽祭」に出演した。
2011年にはインドネシア、ジョグジャカルタでの室内楽フェスティバルでゲスト出演をし、同時にマスタークラスを開いた。
2009年より渡邊慶子氏の元でバロックヴァイオリンを始める。2012年以降は、度々渡欧しS・クイケン氏の教えを受ける。2016年には氏主催の「ラ プティットバンド サマーアカデミー」でコンチェルトのソリストを務めた。
また、E.オノフリ氏やA.ベイエ氏、L.v.ダール氏らの指導も受ける。
これまでに古楽器アンサンブルやソロバロックヴァイオリンでの演奏で活動しており、2016年6月にはスペイン、Tuiにある大聖堂にてソロリサイタルを開いた。
地元鳥取でもモダン、バロックともに定期的に演奏活動をしており、「ときもとさんちのコンサート」は2016年9月の公演で5回目の開催となった。
第9回高槻音楽コンクール一般の部 第2位
第12回大阪国際コンクールアーリーミュージック部門 第3位
現在は関西での演奏活動と後進の指導にあたっている。
日本クラシック音楽コンクール審査員。

神原玲奈

相愛音楽教室、兵庫県立西宮高等学校、相愛大学を卒業後、
スイスに渡りバーゼル音楽院、ルツェルン音楽大学大学院にて
スイス連邦国家演奏家資格を取得、二つの修士課程を修了する。

ヴァイオリンを加納千春、故東儀幸、岸邊百百雄、小栗まち絵、Sebastian Hamann各氏、ヴィオラをIsabel Charisius、今井信子各氏、室内楽をWalter Levin、Reiner Schmidt氏の下で研鑽を積む。

国内及びヨーロッパの様々な音楽祭に出演するほか、現在は日本と欧州各地にてソロ及び室内楽の指導、こどものためのコンサートそしてアートワークショップを主催している。

井上佳那子

徳島県出身。
7歳の頃よりヴァイオリンを始め、小学生オーケストラに入団。
生光学園IECコース(International English Course)を経て、
神戸女学院大学音楽学部音楽学科卒業。
2008年度、2009年度、2011年度蓼科音楽祭参加。ファイナルコンサート出演。第6回大津ユースオーケストラに出演。これまでに 森川京子、故 稲庭達、Mauro Iurato、吉川朝子、松永みどりの各氏に師事。リトミック指導者資格ディプロマAを取得。

現在、関西インターナショナルスクールにてヴァイオリン講師を務める他、ソロ、室内楽、オーケストラの多方面で活動中。

わたしたちの教会は、プロテスタント諸派が合同してできた日本基督教団の教会です。穏健で健全な福音主義に立っています。どのような信仰の立場の方でも歓迎いたします。しかし教会が二千年間守ってきた伝統には忠実な教会です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。